仕事を知る

調査・企画・設計に至るまで、
社内が1つのチームとなって案件に取り組みます。

業務遂行には、社内のみならず協力機関とも連携を取り、
高いコミュニケーション能力が必要です。

今回は標準的な建築設計業務の流れを説明します。



業務スキーム

Phase1  調査・企画


依頼主と打合せをし、
建築予定地の場所、広さなどの情報を入手します。

また建物の用途・規模・予算などをヒアリングし、
プロジェクトをスタートさせます。

検討の結果Phase1だけで終了する業務も多数あります。


調査・企画

1)建築プロジェクトの企画、立案に係る各種条件等の調査・把握等
2)建築プロジェクトの事業計画に係る調査・検討等
3)建築プロジェクトの企画案等の作成
4)第三者への説明



Phase2  基本設計


プロジェクトの実施が確定すると、
再度与条件の整理を行うとともに基本事項を詰めていきます。

建築意匠だけでなく構造・設備なども検討し、
概算工事費や予定工期なども含めて依頼主に説明します。

基本設計

1)設計条件等の整理
2)法令上の諸条件の調査及び関係機関との打合せ
3)基本設計方針の策定
4)基本設計図書の作成
5)概算工事費の検討
6)基本設計内容の委託者への説明等



Phase3  実施設計


基本設計時に確定した要求事項の確認を行った上で、
いよいよ施工に向けて詳細設計を行い、実施設計図面を作成します。

実施設計図面を基に積算を行い、予定工事費を算定します。

並行して確認申請業務をはじめとする各種申請業務を実施し、
施工可能な状態にします。


1)要求等の確認
2)法令上の諸条件の調査及び関係機関との打合せ
3)実施設計方針の策定
4)実施設計図書の作成
5)概算工事費の検討
6)実施設計内容の委託者への説明等