あなたへのメッセージ

「建築魂」「人間力」そして「フロンティアスピリット」のある方を求めています。



画像の説明


建築を志したあなたは学生時代に様々な角度から建築業務の基礎を学習し、設計活動や研究を行い忙しくも楽しい日々を過ごしていたと思います。そして建築設計者の道を目指そうと決めました。かつての私もその一人です。

ところが生業として建築に関わると様相が異なります。建築プロジェクトには発注者の要望、厳しい納期、コスト、様々な法律、地域や様々な利害関係者などの関わりなどがあります。その中であなたは、発注者を説得し、納期を守り、コストを納め、法律を遵守し様々な関係者と折り合いをつけながらプロジェクトを進めていかなくてはいけません。

もちろんデザイン力や知識も重要ですが、あなたが自ら先頭に立ち、何としても建築プロジェクトを実現させようとする「建築魂」やコミュニケーション力を生かし、信頼を勝ち得て着実に実行する「人間力」が要求されます。

また、今まで建築設計業務といえば新築の設計業務でしたが、今後は既存建物の劣化調査・耐震診断・改修設計・用途変更などの業務が中心となります。そしてそこに求められるスキルも以前とは異なります。あなたが学生時代に学んだ知識は過去の叡知の集大成であっても未来の建築設計業務の基礎ではないのです。そこで必要となるのは、「フロンティアスピリット」です。

あなたの希望は安定したブランドのある建設会社や大手組織設計事務所で働くことでしょうか?

安定したブランドのある組織で働くことはあなたの自尊心を高めてくれるかもしれませんが、組織ブランドを取り除かれた自分にはどれほどの価値を生み出せるでしょうか?

組織ブランドに頼らない自分の価値とは、建築設計で稼ぐ力がある状態です。どんな環境に放り出されても稼ぐ力さえあれば、困ることなく生きていけます。稼ぐ力とはすなわち、「建築魂」を持ち「人間力」を高めつつ「フロンティアスピリット」で次代の業務力を身に着けていくことです。建築デザインそのものだけには価値はなく、依頼者に貢献してはじめて価値が生まれるのです。

また、働く上で大事にしていることは平等であることです。社内外の仲間から尊敬される対等な関係を維持し続けるためには、ひとりひとりが弛まぬ努力を重ねる必要があります。そうした個々人の努力の上に成り立つ専門性を大事にし、全員が誇りを持って付加価値の高い空間デザインを創造していくことができたら最高です。

私たちの考え方に共感し、ともにビジネスを成長させていける方と一緒に働けることを楽しみにしています。

代表取締役
阿部弘明