社員を知る

社員を知る

東京事務所
チーフ 谷口 秀明

入社のきっかけ

前職は家具の設計をしていました。幅広い知識が自分の成長に繋がると思い設計の世界に飛び込みました。病院や公園、公共の建物の設計だけでなくイルミネーションのデザインなど幅広い業務に携われることも魅力です。

働いてみて

竣工した時の感動は今も昔も変わりません。手掛けたイルミネーションを家族で見に行ったこともあります。当社は入社初期から直接案件を担当させて頂けます。クライアント様からの感謝の言葉やその空間を使うエンドユーザーの方々を目にした時に大変やりがいを感じます。想像以上に多くの協力会社と関わるので、社内外を問わずコミュニケーション能力が重要だと感じています。

仕事をする上で大切なこと

「目の前のことばかりにとらわれない」ということが大切です。今している仕事に何を求められているのか、俯瞰して本質を見極めることが大切です。多様なニーズに応える為、柔軟な提案をするように心掛けています。

より多くの人に喜んで頂ける魅力的な空間作りを続けることを目指しています。その為にも、居心地がいいと思った空間は、なぜそのように感じたかを考え、寸法を測ったり写真を撮ったりして記録に残すことが大切です。また今後は、エンドユーザーの方々が見える、または関わる仕事にも携わりたいと考えています。

学生に向けて一言

成長過程を肌で感じられる環境は重要だと考えています。自分たちで造る楽しさがあり、積極的に取り組む姿勢が身につく事は大切です。是非、個人の成長が会社の成長に直結する会社を選んでもらいたいです。




社員を知る

東京事務所
檜山 敦弥

入社のきっかけ

大学卒業後、ゼネコンに就職し、工事を指示する立場として施工管理をしていました。しかし現場ではなく設計の仕事がしたいと思い、企業を調べているなかで空間デザインに行きつきました。設計事務所は昼夜を問わず働くイメージがありますが、ワークライフバランスを大切にしている弊社では、メリハリのある働き方が出来ています。

働いてみて

現在は現場の経験を生かして、調査や設計を行っています。前職では、建物が指示通りに建っていくやりがいがありました。今の仕事は、収まりや寸法など細かい部分まで、使用する人のことを考えて設計しています。描いた図面が実際の建物となって残ることは大きなやりがいに繋がっています。

仕事をする上で大切なこと

相手の立場に立って考えることが大切です。クライアントが民間企業であれ、行政であれ、何を求めていらっしゃるかニーズを聞き出し、ニーズに沿った提案をするなかで自分が描くものを織り込んでいくことが出来ればベストだと考えています。

教師を目指していたこともあったくらい子供が好きということもあり、教育施設に携わりたいと考えています。学校建築が面白いと感じる理由は、成長過程で毎日過ごす建物であり、色々な要素が詰まった空間だからです。現在は、学校は閉鎖的で限られた人が使うイメージがありますが、私が思い描く学校は街と一体化したフリーアドレスな建物。いつか実現できたらと考えています。

学生に向けてひとこと

建築が好きで集まった人たちばかりです。好きであれば、向上心や知りたいという気持ちが湧いてきます。ぜひその好きという気持ちを忘れずにして下さい。




社員を知る

大阪事務所
森本 愛美

入社のきっかけ

専門学校卒業後、積算事務所に勤務し建築積算を行っていました。結婚後出産を機に退職することになりましたが、ずっと建築設計の仕事がしたいと思っていました。求人サイトで当社の「時短勤務、週3回以上で勤務可能な建築設計」の求人があり、「これだ」と思い切って応募しました。

働いてみて

まだ子ども2人が小さいので、時短勤務でメリハリをつけて働いています。今まで働いていた建築積算は図面から頭の中で立体をつくり、パーツに分解して数量を出すのですが、建築設計は、曖昧なものを頭の中で立体にして図面化していくまったく正反対な作業です。また工事・積算できる図面にするためには、法律や使い勝手や素材、コストなど様々な考えることが沢山あり設計の人は色んなことを考えて図面にしていたことがわかりました。

今は、仕事と子育てに追われてなかなか勉強できないのですが、近々二級建築士と積算士を取得しゆくゆくは一級建築士を取りたいと思います。

やりがい・エピソード

勉強のため家で図面を広げていると子どもたちが大変興味を持って寄って質問攻めにあいます。その影響でしょうか、長男が進級時の文集に「将来の夢はお母さんのような建築士になりたい」と書いていて感動しました。時々大変と思うこともありますが当社で働いて良かったと思います。